さて、今日は何をしようか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

庭の様子の続き

庭の写真の続き。
この季節、外で活動したいんだけど花粉が。。。
クリックで少し大きい画像に



R0017998.jpg

GR Digital リサイズおよび軽くアンシャープマスク
ピントあってない。。。

R0018001.jpg

GR Digital トリミング(スクエアに)、リサイズ、色味軽く調整、軽くアンシャープマスク



R0018004.jpg

GR Digital リサイズ

ハイキー狙ったけど
やりすぎた。。。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/25(火) 23:29:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

粘土

小学1年生の長女が粘土で作った犬の親子。
絵本みたいにしてお話しを書きたいとのことで、写真を撮ってみた。
ついでに、最近よく見かける緩い感じの仕上げにしてみた。

オリジナル (Ricoh Caplio R5)
R0016690O.jpg



修正後
R0016690M.jpg




覚え書きとして修正手順を
1.トーンカーブをコントラスト緩めのカーブで思いっきり
  持ち上げる(調整レイヤー)
2.コントラストを下げる(調整レイヤー)
3.パントーン109Cを fill layerのHueモードで50%載せる
4.中央部を楕円でマスクし、マスク領域を200pixelでガウス法でぼかしてから
  周辺部を焼き込み(調整レイヤーで)
5.一旦すべてを統合したレイヤーを作成(option+command+shift+e)
6.統合されたレイヤーのみ可視にして、上下左右領域を適当に広げる(50mm)
7.画像領域の少し内側を四角く選択してから、反転し、そこにガウスぼかし(15pixel)

  1. 2008/03/23(日) 14:27:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭にクロッカスがきれいに咲いていたので、花粉を浴びるのを覚悟で撮影。


2008032200.jpg

GR Digital (色味をPhotoshop CS3で修正、ProfileをsRGBに変換)


2008032203.jpg

GR Digital (色味をPhotoshop CS3で修正、ProfileをsRGBに変換)


2008032201.jpg

GR Digital (色味をPhotoshop CS3で修正、ProfileをsRGBに変換)


  1. 2008/03/22(土) 17:15:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インドとチベット

翻訳とかはここに載っけたことは無かったと思うけど、こっちは全然更新してなかったのでたまにはこっちに。
個人的には、チベット応援なのだけど、インドからみたチベットというのはちょっと変わった視点で面白かったのでメモとして。

====== ここから ======

インド、チベットの頭痛に気づく
India wakes to a Tibetan headache

Asia Times : Mar 18, 2008
By M K Bhadrakumar

ダラムサーラ、インド - 中国のチベット自治区の首都ラサで、金曜日に暴力と破壊活動が発生して数時間のうちに、インドヒマラヤを臨むダラムサーラの町は、まるで何ヶ月もの航海の後に港にたどりついたにぎやかな船乗りたちを楽しみに待つおばあちゃんたちみたいに、お化粧をはじめた。
DHARAMSALA, India - Within hours of the violence and vandalism breaking out last Friday in Lhasa, capital of the Tibet Autonomous Region of China, the township of Dharamsala, nestled against the Indian Himalayas, was spruced up like an Old Dame anticipating a shipload of boisterous sailors who just docked at the port after months of seafaring.

この町には、8千人を超える当地のチベット人コミュニティーの精神的リーダーかつ仮の首長であるダライ・ラマの率いるいわゆるチベット「亡命政府」がある。(「リトル・ラーサとも呼ばれるダラムサーラは、「レストハウス」という意味であり、1849年にインドを統治した英国軍の駐屯地として設立された)
The township is the seat of the Tibetan so-called "government-in-exile", presided over by the Dalai Lama, the spiritual leader and temporal head of the 8,000-strong Tibetan community living here. (Dharamsala, also called "Little Lhasa", literally means "Rest House" and was established in 1849 by the British rulers of India as a garrison town.)

ダライ・ラマは、ここ24時間以内にダラムサーラに到着した西側メディアの注目を受けて満足する理由があるのだろう。ラーサで暴動が起こった後、彼は国際メディアの中心へと再び舞い戻ったのだ。彼は、貪欲な記者の大群が到着した後、日曜の午後に特別記者会見を設定した。この機会では様々な可能性が残されていた。記者会見でダライ・ラマは中国当局を厳しく批判した。特に重要なのは、チベットにおいてここ20年で最悪の動乱の沈静化を要請することを、彼が明確に拒否したことだ。
The Dalai Lama would have reason to be satisfied with the attention he is receiving from the hordes of Western media persons who have descended on Dharamsala in the past 24 hours. He has become a revitalized cause celebre in the international media ever since Lhasa erupted into violence. He scheduled a special conference on Sunday afternoon, after the big sharks of the Western media arrived. The occasion was pregnant with possibilities. At the conference, the Dalai Lama launched a tirade against the Chinese authorities. Most important, he point-blank refused to make any appeal for calm in Tibet in the worst unrest in Tibet for nearly two decades.

中国政府の弾圧へのチベット人の抵抗が続く中、日曜には抗議活動がチベットから周辺の3つの州へと広がった。怒りのデモが四川、青海、甘粛省のチベット人コミュニティーから発生したのだ。
Protests spread from Tibet into three neighboring provinces on Sunday as Tibetans continued to defy a Chinese government crackdown. Angry demonstrations broke out in Tibetan communities in Sichuan, Qinghai and Gansu provinces.

チベットの首都ラーサでは月曜日に緊張が高まっていた。その日の深夜に、反中国で暴力を伴う蜂起をした人々について、降伏か厳しい処罰かを選択するデッドラインが引いてあったからだ。チベット政府は、暴動による死者が16名、負傷者は数十名と言っているが、死傷者ははるかに多いという説もある。
The Tibetan capital of Lhasa was tense on Monday ahead of a midnight deadline for people who took part in the violent anti-Chinese uprising to surrender or face severe punishment. Tibetan officials say 16 people have died and dozens wounded in the violence, although other estimates put the figure much higher.

ダライ・ラマは、「チベットの状況は流動的だ。奇跡的な力でなければコントロールできないし、それは私ではない」と言った。
The Dalai Lama said, "The situation in Tibet has become volatile, and only a miracle power can control it, not me."

彼は、これが最後のチャンスだと判っているように見える。中国、そして特に、かつてチベットの中国共産党を指揮していた胡錦涛主席に、8月の夏季オリンピックへ向けて盛り上げようとしている中、けちをつける絶好のチャンスとなっているのだ。ダライ・ラマはチベット「文化のジェノサイド」を行っていると糾弾し、国際的な調査を要求した。しかし、彼は「われわれは、本当の自治権がほしいだけであり、(中国から)独立したいのではない。」と言っている。
He seems to realize this may well be his last waltz. The potential for embarrassing China - and in particular, President Hu Jintao, who once headed the Chinese Communist Party in Tibet - has never been as great as in the runup to the Beijing Summer Olympic Games in August. The Dalai Lama accused China of unleashing a "cultural genocide" in Tibet and demanded an international probe. But, he said, "We want genuine autonomy and not independence [from China]."

チベットは突然視界に入ってきた。20年の沈黙を破って、ラーサで暴動が発生した。これほどの大規模な暴動は1987年以来だ。金曜日の暴動のどれだけが事前に計画されていたかあるいはチベットの外部から統制されていたかは、ダラムサーラからは評価するのが難しい。中国当局は、「ダライ・ラマ派」が暴動を扇動したと主張している。しかし、ひとつ浮かび上がったことがある。
Tibet has suddenly sailed into view. Violence has erupted in Lhasa after a gap of two full decades. Such large-scale violence was last witnessed in 1987. How much of the violence on Friday was pre-planned or orchestrated from outside Tibet, it is difficult to assess from Dharamsala. The Chinese authorities have alleged that the "Dalai Lama clique" instigated the violence. But one thing stands out.

チベットの「亡命政府」組織が政治的およびプロパガンダ的に質の高い行動をすぐに起こした、完璧な調整は、この組織が金曜の暴動をほとんど予想していなかった、ということについて少々疑念をいだかせる。当地でのチベット人活動家はより率直だ。彼らは暗に暴動を予想していたことを示唆した。しかし、どのように情報を入手し、誰が調整役で、その情報に基づいてどんな行動をとったかについては、語るのを拒否した。
The complete coordination with which the apparatus of the Tibetan "government-in-exile" has sprung into high-quality action on the political and propaganda front leaves little doubt that it was at the very minimum anticipating Friday's eruption. Tibetan activists here are more forthcoming. They darkly hinted they were indeed expecting the disturbances. But they refuse to elaborate how they knew or who their collaborators were or what they did with what they knew.

ところどころに雪が見られ冬景色を残すヒマラヤ山頂を臨むダライ・ラマの宮殿とその周辺は、解放の神学と共産主義への一撃をミックスした政治上の主義のドラマに絶好のロケーションだ。
Set against the Himalayan peaks which still wear a brooding wintry look sprinkled with powdery snow, the Dalai Lama's palace and its surroundings provide a stunning location for a drama-filled political cause that mixes liberation theology yet defaces communism.

十数人のハンサムな髪を垂らし、太いヘッドバンドをしたチベット人の若者が、ダラムサーラの街中でインド人警官が静かに見守るなか、赤い中国の国旗を広げ踏みつけている。ダライ・ラマの宮殿の門の前に小屋が建てられ、「速度継電器」が中国のチベット政府に抗議するチベット人活動家により見守られている。
A dozen handsome-looking Tibetan youth with flowing hair and bold headbands spread the red Chinese national flags on the streets of Dharamsala and trample on them with a couple of Indian policemen silently watching. A shed has been erected at the gates of the Dalai Lama's palace where a "relay fast" is observed by Tibetan activists protesting against China's governance of Tibet.

西側のテレビカメラが、ヨーロッパや北米の家庭に送るための絵を貪欲に撮っているのだ。ダライ・ラマの宮殿は西側の注目という暖かな春の日差しを浴びている。
Western television cameras eagerly lap up the images for beaming them to drawing rooms in Europe and North America. The Dalai Lama's palace basks in the warm spring sunshine of Western attention.

米国下院議長ナンシー・ペロシの火曜日の来訪に向けて、ダラムサーラの興奮は高まっている。彼女はイラクやアフガニスタンへの旅のストップオーバーではなく、ダラムサーラに直接やってくるようだ。ペロシはダライ・ラマの数ヶ月前の栄誉章受章に向けてイニシアチブを取っていた。これには中国は強行に反発した。北京はブッシュ政権に対して、かかる非友好的な行動は米中関係に影を落とすだろうと警告した。
There is much excitement in the air in Dharamsala as the speaker of the United States House of Representatives, Nancy Pelosi, is expected in this Himalayan hamlet on Tuesday. It seems she is not having a stopover in Iraq and Afghanistan but is heading straight for Dharamsala. Pelosi took the initiative of arranging a Congressional medal for the Dalai Lama a few months ago, which China robustly protested. Beijing warned the George W Bush administration that such unfriendly acts could cast shadows on US-China relations.

ダライ・ラマは記者会見でペロシの来訪は以前から予定されていたものだと述べた。彼はペロシを古い友人だと表現している。しかし、彼女の来訪はインドにとってはタイミングの悪いものだ。デリーは「見ざる、聞かざる」を決め込んだ。しかしながら、中国がどうとらえるかは不透明だ。
The Dalai Lama insisted at the press conference that Pelosi's trip was long scheduled. He described her as an old friend. But her visit nonetheless comes at an awkward time for India. Delhi has adopted an attitude of "see no evil, hear no evil". But it remains to be seen whether the Chinese are impressed.

実際、微妙な3方向の外交ダンスが始まろうとしている。アメリカと中国と、場所を提供するインドとで。インドにとってはいい迷惑だ。アフリカのことわざに、象がけんかすると草が踏み潰されるというのがある。中国は、ここ数ヶ月に限っては、暴走し中印関係を引っ掻き回している伝統的に米国政治のスポークスマンのようなインドのメディアについてひとつのパターンを見ているようだ。
Actually, a delicate three-way diplomatic tango is likely commencing - involving the US and China, with India providing the turf - which can only turn out to be messy for India. There is an old African saying that when elephants clash, the grass gets crushed. China would see a pattern insofar as steadily through recent months, sections of the Indian corporate media, which have been traditionally known to serve as mouthpieces of American regional policy, have been on overdrive stirring up dust in India-China relations.

インドの戦略コミュニティーへも、影響力を持った人物から論争がけしかけられている。その中には、インドの元外交高官でインド国民会議派に近い人物もいる。彼らの言い分は、チベットはやっかいなインド-中国間の国境問題の核心にあるというものだ。彼らは、中国は鉄の意志を見せて国境問題に関してプレッシャーをかけてきていると言っている。彼らによれば、中国は慎重にインドを「挑発」しているが、その根拠は中国はチベットを彼らの条件で「制圧」しない限り、インドとの国境紛争を解決するムードにならないということだ。彼らは中国とインドのシャドーボクシングは中国に著しく有利だとしている。というのもデリーの持っているカードはチベットだけだからだ。
Influential voices in the Indian strategic community have also jumped into the fray, including former diplomats who served at the highest level in the Indian foreign policy establishment and are close to the ruling Congress party. Their plea is that Tibet is at the core of India's intractable border dispute with China. They claim China is displaying the iron in its soul by pressing its claims in the border dispute. According to them, China is deliberately "provoking" India because it is in no mood to settle the border dispute with Delhi until Beijing has "subdued" Tibet on its terms. They see the odds as heavily favoring China in its current shadow boxing with India, whereas, Tibet is Delhi's only leverage.

同時にここ数年、インドの外交政策が親米へとシフトしてきたことが挙げられる。現政権は、インドの政策を米国の政策と広範囲にわたって協調させるために、非常に努力してきた。その結果、実質的に相違点は無いと言える。コソボにしても、パレスチナ問題やアフガニスタン問題にしても。
At the same time, there has been a pro-US shift in Indian foreign-policy orientations in general in recent years. The present government has worked hard to harmonize its regional policies with the US policy almost across the board. It has left virtually no stone unturned - be it over Kosovo, the Palestinian problem or Afghanistan.

この観点から、ラーサの暴動に対するインドの強い反応は大きな意味を持つことになる。第一に、明らかな中国の内政問題にインドが反応することについて正当性があるかどうかが不透明だということが挙げられる。つまり、外交上の儀礼上の問題であって、ラーサで起こっていることが正義か悪かということではない。第二に、デリーはダブルスタンダードをとることができない。インドは世界のどの国であっても、国内の暴動について言及するのをずっと愉快だとは思ってこなかった。デリーはパキスタンがインド国内でのヒンズー教徒とイスラム教徒の衝突に言及するのに不快感を示してきたのだ。
From this perspective, the strong Indian reaction to the Lhasa violence assumes significance. First, it is not clear whether an Indian reaction was warranted on an issue which is patently China's internal matter. The question is of diplomatic propriety - and not the rights and wrongs of what took place in Lhasa. Second, Delhi cannot adopt double standards. Delhi is not going to be amused if any world capital makes it a point to begin pronouncing on incidents of violence that rock India from time to time. Delhi used to show irritation whenever Pakistan took note of Hindu-Muslim violence in India.

インド外務省は、ラサでの「解決していない状況と暴動」に関するインドの「困惑」を表明した。また、「関係者が」(チベット人の扇動家と中国当局を意味する)「状況を改善しチベットにおけるかかる困難の原因を取り除く」ことを要望している。
The Indian Foreign Ministry expressed its "distress" over the "unsettled situation and violence" in Lhasa. It called on "all those involved" (meaning, Tibetan agitators as well as Chinese authorities) to "improve the situation and remove causes of such trouble in Tibet".

明らかにインド政府は中国の内政問題に対して規範的な態度を取ることを選んだのだ。しかし、仮にこれが米国を現状で満足させたとしても、ブーメランのように跳ね返ってくるだろう。皮肉なことに60カ国で構成されるイスラム諸国機構(OIC)が金曜にセネガルのダカールで開かれた首脳会合で決議案に合意した。その決議案では、「長期にわたって苦悩が続いている、最も古くから解決されていないカシミール紛争についての懸念」が示され、カシミール地域の人々の自決権をOICが支援することが強調されていた。
Without doubt, Delhi has chosen to be prescriptive on an internal matter of China. But it can boomerang, even if it pleases Washington in the present instance. Ironically, news just trickled in that the 60-member Organization of Islamic Conference (OIC) passed a resolution by consensus at its summit meeting in Dakar, Senegal, on Friday expressing "concern about the long-lingering, oldest unresolved dispute of Kashmir" and underscoring the organization's support of the Kashmiri people's right of self-determination.

インドの外相は即座にOICの宣言を却下し、「OICはインドの領土の一部であるジャムーとカシミールを含むインドの内政問題についての当事者ではない。われわれ(インド政府)はかかるコメントについては断固としてこれを拒否する」とインド外務省は指摘している。
The Indian Foreign Ministry promptly dismissed the OIC statement, saying, "The OIC has no locus standi [standing] in matters concerning India's internal affairs, including Jammu and Kashmir, which is an integral part of India. We [Indian government] strongly reject all such comments," the Indian Foreign Ministry pointed out.

当然、インド政府は正しいことを行ったのだ。インドのどんな政権でもインドの統治権限を弱め、領土の統合を揺るがすようなことはしない。同様に、問題の中心はダラムサーラの人々に未来はあるのかということなのだ。インドの戦略家たちは、はなはだばかげたことにインド政府が「チベットカード」を握っていると思いこんでいる。ダラムサーラに来て見れば、ここにあるチベットのコミュニティーは73歳になるダライ・ラマが去ってしまったら混乱状態に陥るというありのままの現実に向き合うことになるだろう。彼はまさに物理的な存在でもって情景を支配しているのだ。
Of course, Delhi did the right thing. No government in Delhi will countenance a dilution of India's sovereignty and territorial integrity. Equally, the central issue is whether the Dharamsala folks have a future. Indian strategists are exceedingly foolish to pretend Delhi holds a "Tibet card". A visit to Dharamsala will at once bring them face-to-face with the sobering reality that the Tibetan community here faces disarray once the 73-year-old Dalai Lama departs from the scene. He dominates the landscape with his sheer physical presence.

日曜日に何百人ものチベットのデモ隊が街の中心を行進する一方で、現地のインド人は通常の生活を送っていた。ダラムサーラでは、インド人とチベット人の仏教とは完全に分離されて生活している。49年経ってもほとんど混合されていない。インド人は比較的裕福なチベット人「亡命者」が尊大だと文句を言う。これは特に、このヒマラヤのエキゾチックな街に様々な理由で集まってくる西洋人に対して心地よさを感じている第二世代のチベット人にあてはまっている。
While hundreds of Tibetan demonstrators marched in the town center on Sunday, local Indians went on with their daily lives. The Indians and the Tibetan Buddhists live in water-tight compartments in Dharamsala. Even after 49 years, they hardly intermix. The Indians complain that the relatively more affluent Tibetan "refugees" are disdainful. This is especially so among second-generation Tibetans who otherwise feel comfortable with the Western nationals who throng to this exotic town in the Himalayas for a variety of reasons.

地元のインド人は、裕福なチベット人が土地を買いあさって値段をつり上げていると文句を言っている。インドの戦略家たちが象牙の塔にこもって何を書こうが、市井のインド人にとってチベットは「人気のある」話題ではない。従って、この全体の状況にはシュールな感じがするのだ。インド人のほとんどが仏教に無関心であるなか、「文明」の視点があるのだ。西洋人たちはダラムサーラにある仏教の僧院に、チベットの薬、ヨガ、神秘そしてもちろん仏教の哲学を求めてやってくる。しかし、インド平野部の暑さをしのぐためにやってきた奇妙な観光客を除けば、僧院にはインド人はいないのだ。
The local Indians complain wealthy Tibetans are buying up property at fancy prices. No matter what Indian strategists in their ivory towers may write, Tibet is not a "popular" issue among ordinary Indians. Therefore, there is a touch of surreality about the whole situation. There is a "civilizational" angle insofar as Indians are largely indifferent towards Buddhism. Western nationals throng the Buddhist monasteries in Dharamsala curious to know about Tibetan medicine, yoga, mysticism and of course Buddhist philosophy. But there are hardly any Indians to be seen in the monasteries except the odd tourist escaping the heat of the Indian plains.

インドの歴史の悲しい現実は、仏教を産みだしたものの、「ヒンズー復興」の名のもとに仏教を消し去ったばかりか、冷酷にもインド人の文化からその痕跡すらも取り除いてしまったのだ。インド文明の哲学においては仏教が依然として大輪の花を咲かせて残っているのにもかかわらずだ。
The sad reality of Indian history is that the country gave birth to Buddhism, but in the name of "Hindu revivalism", it subsequently decimated Buddhism and ruthlessly removed all traces of it from the Indian cultural consciousness, though Buddhism still remains the finest flower of the Indian civilization in a philosophical sense.

従って、一般のインド人にとってチベット問題の擁護者になるのは難しいのだ。この問題は、インド人の世論では定期的に「酸化」させる必要があるが、得てして退屈な物になりがちだ。しかしそれは将来を見すえてのことだ。差し当たっては、間違いなく大金が朱書きの「寄付金」という形で、この小さな街に流れ込んでいるのだ。
It, therefore, becomes difficult for ordinary Indians to champion the issue of Tibet. The issue needs to be "oxygenated" in Indian opinion constantly, which is eventually bound to become tedious. But that is looking ahead. For the present, a lot of money is undoubtedly pouring into this little town under the rubric of "donations".



  1. 2008/03/18(火) 23:03:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

imry

Author:imry
GRDその他で撮った写真など。他に、サッカー(フットサル)やギターやコンピュータの話なども多少。他の話題は別のところでひっそりと。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。