さて、今日は何をしようか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プリント基板の自作(5)

プリント基板の自作(1)~(4)の続きです。



 基板のカットが終わったら穴あけです。
 自分は 0.7mm の刃を使って、電気ドリルで穴を開けています。
 普通の電気ドリルでは、0.7mmの刃はつけることができません。
 非常に細い刃をつかめ、かつ電気ドリルに装着できるコレットチャックというものを買ってきて使っています。
 この作業は、力を入れすぎたり、あまりにも角度が垂直から離れすぎたりすると刃が折れそうです。

R0012239.jpg

 エッチングと穴あけ、どちらを先にやるかはちょっと迷いました。
 穴あけの位置がずれてしまったりした時に、後からマッキーでパターンを修正できるというメリットがあるので、先にドリルで穴あけをしています。
 たまにドリルの刃先がすべってパターンが切れてしまうこともありますが、その場合もマッキーで修正可能です。

 こちらは穴あけが終わった基板。
 光に透かしてちゃんと穴が開いているかチェックします。

R0012240.jpg


 次の工程は、エッチングです(写真はありません)。
 ダイソーで買ったバットに45度くらいのお湯をいれておきます。
 ジップロックにエッチング液と基板をいれて、ジップロックごと湯煎します。
 エッチング液が動くようにゆらゆらさせ、10分程度したら時々チェックし、パターン間の銅が完全に溶け切ったら上げます。
 
 エッチング液から上げた基板はよく洗い(すすいだ廃液の処理はきちんとします)、残りのエッチング液は基の容器に戻して再利用します。

 印刷パターンと、マッキーで書き足したところ以外、きれいに溶けています。

 R0012243.jpg

<<続き>>
スポンサーサイト
  1. 2010/09/06(月) 21:04:00|
  2. プリント基板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プリント基板の自作(6) | ホーム | プリント基板の自作(4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://imry.blog50.fc2.com/tb.php/203-71c250d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

imry

Author:imry
GRDその他で撮った写真など。他に、サッカー(フットサル)やギターやコンピュータの話なども多少。他の話題は別のところでひっそりと。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。